犬に住み着く害虫

※現在パノラミスは生産されておらず販売終了となりました。
同じメーカーより同成分の後継品「コンフォティスプラス」が販売されておりますので、こちらをご検討ください。

病中の犬

犬は害虫や寄生虫によって健康を害される危険性があります。
家に潜んでいる虫や、散歩で体に付着させてくる虫、など犬の生活範囲のあらゆる場所にその危険性が潜んでいます。
しかし、そんなことを気にしながら生活していてはどこにも連れて行けなくなってしまいます。
そこで、パノラミスを投与するのです。
パノラミスは体内に侵入してくるフィラリアのような寄生虫や、体の外に付着するノミやマダニのような害虫にも効果があるのです。
ノミやマダニはなんとなく聞いたことのある人も多いと思いますが、フィラリアって何?と思う人もいるでしょう。
フィラリアというのは、犬糸状虫ともいい、犬の体内に寄生し、移動しながら成長します。
そして最終的な住処を心臓や肺動脈とし、その器官に害を及ぼす非常に危険な寄生虫なのです。
このフィラリアは、突然発症する先天的なものでも遺伝的なものでもなく、蚊によって感染させられるのです。
フィラリアに感染している犬の血液にはミクロフィラリアというフィラリアの幼虫のようなものが紛れ込んでおり、吸血すると同時に蚊がミクロフィラリアを保有したことになります。
つまり、その後に刺される犬がターゲットになるのです。
吸血と同時にミクロフィラリアを逆流して犬の体内に侵入し、その犬の中でミクロフィラリアは成虫へと成長していくのです。
このように、蚊次第で被害が拡大するか否かが決まる感染症なので、防ぎようがないように思いますが、パノラミスは体内に侵入したフィラリアの駆除をしてくれるので、かかってしまっても早期発見で完全に駆除することが出来ます。
また、予防薬としても有効なので、不安な場合には前もってパノラミスを飲ませておくことが必要でしょう。

現在、パノラミスは生産が終了しております。
後継品としてコンフォティスプラスが発売されております。

コンフォティスプラスを購入する

TOPへ